日焼け止めクリームを買うにもSPF?PA++++?どれを買えばいいんだろう?と思い悩む人もそれなりにいるのではないかと思います
日焼け止クリームに記載されているPASPFの意味と選び方について解説していきます!!
まずは日焼け止クリームに記載されているPASPFの選ぶ基準に関わる紫外線について下記にまとめてみました
UVA UVA肌の基底層から真皮に達するため細胞にダメージを与えてシワ、たるみなどの老化を促進します
UVB 肌の表面が赤くなり炎症を起こします
メラニン色素が増えて皮膚が黒くなりシミの原因になります
UVC かなり有害な紫外線です
現在はオゾン層によって地上には届いていません

上の表に書いてあるとおり紫外線は3種類あります
その3種類の紫外線は肌にダメージを与えるマイナスな効果もありますが日光に含まれる紫外線を浴びることによって体内でビタミンDが合成されるサンシャインビタミンと呼ばれるプラスな効果もあるので悪いことばかりではありません
それでは紫外線がどんなものかわかってきたと思うのでいよいよ日焼け止クリームの選び方について書きます!!

SPFはUVBカットの効果示す数値でPAはUVAカットの効果を示す数値になります
個人差はありますが紫外線が当たりだしてから日焼けしてしまうまでの時間がだいたい約20分だと言われています
SPFは数字が大きいほどその時間を遅延させてくれます
SPFは1~50までありSPF1で約20分遅延されせてくれるのでSPF25ならSPF1の25倍遅らせてくれるということになりますので、つまり約8時間カットする効果があるということになります
SPFの数値はお出かけ時間に合わせて選ぶと便利かもしれないですね!

PAはPA+~PA++++まであります
そしてこの+が多いものほどUVAを防ぐ効果が高いということになります
PAに関しては単純に+が多いものがいいということになります

最後に日焼け止めクリームは汗とかで効果が薄れたりしますのでこまめに塗り直すことをおすすめします!!!

日焼け止めクリームを買いに来たんだけどどれを買えばいいんだろう??
日焼け止めクリームに記載されている SPF PA++++ってなに?

うんうん!わたしが教えてあげるね!
まず紫外線は3種類あってそれぞれUVA UVB UVCと呼ばれているの
その3種類の紫外線は肌にダメージを与えるマイナスな効果もあるんだけど日光に含まれる紫外線を浴びることによって体内でビタミンDが合成されるサンシャインビタミンと呼ばれるプラスな効果もあるんだ
紫外線を浴びるのは基本的には避けたいけどたまには浴びたいよね!
わかりやすく表を作ってみたから見てみて?

UVA UVA肌の基底層から真皮に達するため細胞にダメージを与えてシワ、たるみなどの老化を促進します
UVB 肌の表面が赤くなり炎症を起こします
メラニン色素が増えて皮膚が黒くなりシミの原因になります
UVC かなり有害な紫外線です
現在はオゾン層によって地上には届いていません

てな感じで上の表を見ればわかるようにUVAとUVBに気をかけてやればいいわけだね!

それはわかったんだけど日焼け止めクリームはどれを選べば...?


あ...!ごめんごめん
この辺でSPF PAについて教えるね!

SPFはUVBカットの効果示す数値PAはUVAカットの効果を示す数値
になるの。 個人差はあるけど紫外線が当たりだしてから日焼けしてしまうまでの時間がだいたい約20分だと言われているんだ

そんなに短いの!?
日焼け止めクリーム塗らないとすぐ日焼けしちゃうね


そうなんだ
日焼け止めクリームは汗とかで効果が薄れたりするからこまめに塗り直すように!
それでね、SPFは数字が大きいほどその時間を遅延させてくれるの
SPFは1〜50まであって、SPF1で約20分遅延されせてくれるんだ!
SPF25ならSPF1の25倍遅らせてくれるということになるから約8時間カットする効果があるということになるよ!
つまりSPFの数値はお出かけ時間に合わせて選ぶということになるんだね!

へえええー!
意外と単純なんだね!笑
それならPAってのはどーいうこと??

PAはPA+〜PA++++まであるんだよ
それでね、この+が多いものほどUVAを防ぐ効果が高いんだ!

つまりこれに関しては無条件に+が多いものがいいってことだね??


さすが!りえらちゃんは読み込みが早いね!
結局はSPFの値が高くてPAの+が多いものがいいってことだよ!