時間栄養学とは栄養だけでなく食べる時間も身体に影響していると考える学説のことです
これだけではピンとこないと思うので 寝る前に食べると太る と表現したらわかりやすいのではないでしょうか? このように食べる時間も身体に影響しているのです

それでは時間栄養学について詳しく説明しますね
人間には体内時計があると考えられててその体内時計は1日の時間が25時間なのです
25時間ということは実際の1日の時間と1時間ズレがあります
そのズレを調整するために”朝日を浴びること”朝食をとること”で身体が朝になったということを認識して一日の基礎代謝が上がり脳にエネルギーが通達します
そして脳にエネルギーが渡り、仕事や勉強の集中力がアップします!
もちろん代謝が上がれば身体が消費するエネルギーも上がるのでダイエット効果もあります!!

朝は食欲が湧かない。朝からご飯を用意して食べてる時間なんてない!という場合はガッツリとしたご飯でなくてもお腹に何か入れておくことが大切なのでコンビニの野菜ジュースを朝食代わりにしてもOKです

ねえねえ
時間栄養学ってなーに?


時間栄養学と は栄養だけでなく食べる時間も身体に影響していると考える学説のこと
寝る前に食べると太る と言えばわかるよね?
これが時間栄養学だよ

そうなんだ!
それで時間栄養学ってどーゆーこと?


人間には体内時計があると考えられててその体内時計は1日の時間が25時間なんだって!
25時間ということは実際の1日の時間と1時間違うよね?
そのズレを調整するために”朝日を浴びること”朝食をとること”で身体が朝になったということを認識するんだ! そうすることで一日の基礎代謝が上がって脳にエネルギーが通達するんだよ

脳にエネルギーが渡って仕事や勉強の集中力がアップできるんだね!


そーゆーこと!
ちなみにね、朝ご飯を食べないと身体が飢餓を防止して体脂肪を溜め込むの。さらに朝食を抜いたことによって食欲が増して昼や夜に食べ過ぎてしまうケースもあるんだ

それは大変!!
朝ご飯は毎日食べないとダメなんだね...!


そーゆーこと!
ガッツリしたご飯じゃなくてもお腹に何か入れておくことが大切だからコンビニで野菜ジュースを買うのもアリだよ!!